logo
電話する
花粉症 花粉症

高血圧

脂質異常(高コレステロール血症)

糖尿病

胃内視鏡検査(胃カメラ)

花粉症

各種予防接種・ワクチン

医療機関の皆さまへ

患者の気持ち

花粉症花粉症

花粉症とは、スギ・ヒノキ・カモガヤ・ブタクサ・ヨモギ・シラカバといった植物の花粉が、鼻や目などの粘膜に接触することによって引き起こされるアレルギー性の病気です。


主な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりですが、目の症状(かゆみ、涙、充血)も含めたものが、もっともよく見られます。
その他にも、咳がでたり、喉や皮膚のかゆみ、頭重感、頭痛、倦怠感、不眠、下痢、熱っぽい、からだや顔のほてり、イライラ感など、鼻や目以外にも様々な症状がおこる場合があります。


花粉症は症状が悪化すると薬が効きづらくなります。早い時期の症状が軽いうちに薬を使い始めると、花粉の飛散量が多くなった時期でも症状をコントロールしやすくなり、強い薬を使わずに済む場合もあります。


当院では花粉症の原因(アレルゲン)を調べる検査や、内服の処方などをしておりますので、花粉症の症状にお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

花粉症の主な治療について花粉症の主な治療について

内服薬


花粉症治療に用いられている"抗ヒスタミン薬"(一般的にアレルギーのお薬と言われているもの)を飲みます。特に鼻水、くしゃみが強いタイプの人に効果的です。




鼻スプレー…重症の人や鼻づまりが強い人は内服薬との併用が効果的です


近年、予防効果が明らかになってきているものに、局所ステロイドスプレーがあります。効果が強く副作用が少ないため、症状が強く出る人や鼻づまりが強い人には、内服薬に加えて局所ステロイド薬のスプレーを併用します。局所ステロイド薬のスプレーは、ステロイドの内服薬と違い使用量がごく微量で体に吸収されにくいため、安心して使用して頂けます。